FC2ブログ

--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-08-12

頬を抓んでも無駄だよ、私たちの夢はあまりにもリアルだから

この文章を読んでいる君は本当に起きていますか?君の眼前にあるその世界が夢ではないという保証はありますか?

ある偉人は云いました。「われ思う故に我あり」と。だがここで一つ疑問が生じるのです。「一切を疑うべしDe omnibus dubitandumという方法的懐疑により、自分を含めた世界の全てが虚偽だとしても、まさにそのように疑っている意識作用が確実であるならば、そのように意識しているところの我だけはその存在を疑いえない」、というのがそもそもの命題ですが、では果たして世界は何によって成り立っているのでしょう?

ミニスカート?はたまた、ニーソックス?いや、そんな非永遠なるものによって世界が構築されているはずもありません。

頭が煮えかえる程度の激しい論証と自己懐疑の結果、私が辿り着いた結論はこうです。

I am the world

つまり、「私」という意識を持った有機生命体がここにいるからこそ「世界」は存在するのです。もし「私」が存在していなかったら、必然的に世界は私によって認識されることもなく、故に「私にとっての世界」も最初からなかったことになります。

世界は私の意識によって構成されているものであって、「万人に対して絶対普遍な世界」など存在しないわけです。世界は私の中にあり、私が世界であり、したがって「I am the world」が成り立つのです。

此処は何処?という君の問いに対して、「此処は私、此処は君、そしてそう答える私もまた此処である」としか云いません。

これまさに天上天下唯我独占

では論点が飛びますが、前述したように世界が個々の人間の意識によってそれぞれ構成されているのならば、「世界」と「夢」の違いって何だろう?という次なる疑問が浮上します。もしかしたら我々が睡眠中に見る幻想の方が現実で、我々が現実世界だと思って生きているこの世こそが不実の産物かも知れないのです。結果論、世界と夢の境界性(=Liminality)はあまりにも曖昧であることに我々は気付かざるを得ないのでしょう。

とまぁ、これ以上哲学的なトークをこねくり回しても屁理屈にしかならないので、少しでも時間に暇が訪れた方は是非この続きを考えてみてください。

なかなか面白い暇潰しになりますよ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

百合水仙

Author:百合水仙
大学生♂

リンクフリー、晒しフリー。相互リンクも大歓迎です。相互リンクを希望の方は最新記事のコメントでお知らせ下さい




同人音楽イベントまとめ
イベント毎に作成しているCDのまとめです。完全なリストではなく、俺が勝手に注目するサークルだけをピックアップしているので、趣向の偏りは否めないですがあしからず。

M3-2011春
C79 (非東方系)
C79 (東方系)
M3-2010秋
C78 (非東方系)
C78 (東方系)
とら祭り2010
M3-2010春
例大祭7
C77 (非東方系)
C77 (東方系)
東方紅楼夢5
M3-2009秋
C76 (非東方系)
C76 (東方系)
M3-2009春
例大祭6
C75 (最終まとめ)
C75 (非東方系)
C75 (東方系)
東方紅楼夢4
M3-2008秋
C74 (最終まとめ)
C74 (非東方系)
C74 (東方系)
例大祭5
オヌヌメ














最近の妄想劇
最近のコメント
月別アーカイブ
撃破数
何らかの占い

何らかの占い

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。